長ネギ、えだまめ、タラの木、にんにく、ニラの調製機製造販売。農家の強い味方マツモト

マツモトはこんな会社

農業の近代化に貢献

当社は1953年、農機具の部品製造で事業をスタートした会社です。以来、「オリジナルな技術開発で農家の明日を担う」をモットーに、農業の近代化に貢献するオリジナルの機械を次々に開発することで、農家の皆さまと共に成長してまいりました。

1975年には、高崎市中小企業合理化モデル企業に指定され、より効率的な製造体制を構築。1992年には、21世紀を展望して現社名の株式会社マツモトに商号を変更しました。今日では、枝豆のもぎとり機“マメモーグ”や長ネギの皮剥き機“むきむき”、ニラのハカマムキ機“にら坊”、 コンニャクの親玉植機など多彩な製品をラインナップしています。

農家さんの声が開発の原動力

2001年、群馬県1社1技術で「中川威雄賞」を受賞したオリジナルの技術開発力は、農業界から高く評価される当社の大きな特徴です。原動力は、農家さんの「こんな機械があったら作業が楽になるのに」「ここをもっと改良してほしい」といった声です。こうした現場の声を全国から営業が持ち帰り、蓄積した技術ノウハウを駆使して試作品を開発・製造。それを実際に農家さんに使っていただき、いろいろな要望点を出していただく。その要望をもとに、改良に改良を重ねることで、より使いやすい機械を創り出しています。ベストセラ―の「ベストロボ」も、その過程から誕生しました。

高品質を生み出す一貫生産体制

農家の皆さまから求められるのは、使いやすくて壊れにくい機械です。こうした製品を生み出すためには、皆さまの要望を的確に実現していく技術開発力と並んで、高品質な製品を生み出すための生産体制が重要になります。当社では、この面でも1980年に群馬県中小企業設備近代化推進企業に指定され、生産設備の整備に力を注いできました。今日では、機械製造に不可欠な各種金属材料を豊富に常備するとともに、切断・曲げ加工から穴あけ、塗装、組立までの一貫生産体制を構築。農家の皆さまの要望にしっかり応えるクオリティの高い機械づくりを行っています。

きめ細かなサービス体制

ご要望に応える技術開発や一貫生産体制と並んで、当社が農家の皆さまから高い支持をいただいている特徴としてあげられるのが、サービス体制の充実です。今日では、全国に約400社の取引先を持ち、ご注文をいただいた製品をスピーディにお届けすることはもちろん、販売後のアフターフォローに関しても、導入時の技術指導や万一のトラブルにおける緊急対応まできめ細かく対応しています。また、当社の製品を複数台導入したプラントをお考えのお客様に対しては、そのレイアウト設計から現場での設置・施工、作業指導までトータルに対応しています。

  • 製品紹介

マツモトは、農家の方の「欲しい!」を形にします。

「もっと畑にいける時間が欲しい!」 「皮剥き作業の時間を短縮したい!」 「収穫を楽にできないか?」 「今の野菜加工機はうるさいので、もっと静かな機械が欲しい!」 「とにかく人手が足りないので、設備導入で乗り切りたい!」 「重労働を軽減したい!」 「ネギの収穫を楽にしたい!」 「高性能な野菜加工機械が欲しい!」 こんなときはマツモトへ