長ネギ、えだまめ、タラの木、にんにく、ニラの調製機製造販売。農家の強い味方マツモト

ごあいさつ

当社が農機具の製造で、モノづくりを始めたのは1953年のことです。当初は、中耕除草や培土のほか、いも類の堀取りなどを行う万能耕作機やムギの種まき機等を製造していました。私自身も、祖父が農家をしていたため、小さい頃から農業のお手伝いをして作業の大変さを実感。少しでも、農家のお役に立ちたいという強い想いを抱き、会社を継ぐことにしたのです。以来、農家の「ほしい!」に応える農業機械の開発・製造に全力で取り組んでまいりました。ベストセラーとなった長ネギ専用半自動皮剥き機『ベストロボ』や完全自動化を実現した究極の『全自動長ネギ調製ロボット』の開発は、成果の一端です。

しかし今、日本の農業を取り巻く環境は、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加問題や関税の自由化で大きく変化しています。今後は、農業においてもグローバル化競争のなかで、いっそうの省力化や大規模化が求められます。当社においても、これまで以上に農家のご要望に真摯に耳を傾けることで、農家の明日を担うオリジナル機械の開発・製造に力を入れていく方針です。そして、農家の皆さまに喜んでいただくことこそが、当社にとっての最大の喜びであり、これからも一緒に歩んでまいりたいと考えています。

代表取締役社長 松本穣

会社情報

  • 製品紹介

マツモトは、農家の方の「欲しい!」を形にします。

「もっと畑にいける時間が欲しい!」 「皮剥き作業の時間を短縮したい!」 「収穫を楽にできないか?」 「今の野菜加工機はうるさいので、もっと静かな機械が欲しい!」 「とにかく人手が足りないので、設備導入で乗り切りたい!」 「重労働を軽減したい!」 「ネギの収穫を楽にしたい!」 「高性能な野菜加工機械が欲しい!」 こんなときはマツモトへ